車の一括査定などで複数の買取業者の査定を取れば、その平均値が適正相場となります。

相場確認

悪い人車を売却する際は、事前に買取相場の確認をしておくと適正値よりも安く買い叩かれるリスクを軽減できます。

 

業者への売却は交渉次第で買取査定額が変動する要素があり、一部では無知なお客を相手に巧みな話術で相場より安く買取しようとする悪質業者も存在します。

 

しかし、車の買取相場は年式・走行距離など数字で表れる情報のほかに、外装・内装の状態によって大きく変わります。さらに時間の経過とともに買取相場が変動しているので、完璧に相場を把握するのは困難です。

 

一般の個人がネットで簡単に調べられる相場情報はあくまでも目安だと捉え、想定していた金額との差が大きい査定提示を受けた場合は、必ず他の業者の査定もとって比較検討するようにしてください。

 

相場を確認する方法

中古車の買取相場

中古車の買取相場を確認するには以下の方法があります。

  • ネット査定を活用する
  • 口コミ投稿サイトやSNSから似た条件の車を売った人の口コミを参考にする
  • 似た条件の中古車販売価格から逆算して買取相場を見極める

概算の買取相場は、ネットからの情報収集で知ることができます。

 

しかし、具体的な買取相場を知ることは困難で、実際に現車確認をしてみると相場情報の確認方法が間違っているなどして、想定と違う査定結果が出ることも珍しくありません。

 

一つの情報のみを参考にするのではなく、複数のサービスやサイトから情報収集をすると、信憑性の高い相場が見えてきます。

 

 

一発目から相場より高い査定が出たら相場確認の方法が間違っていたことを伺う

中古車車の相場は価格帯や車種の人気度合いなどで変わってくるので、ネットからの簡単な情報収集で完璧な相場確認をするのが難しいです。

 

間違った金額を適正相場だと勘違いしている方が多いので、もし最初に査定を受けた業者から思っていたよりも高い金額を提示された場合、好条件が出たのではなく自分の相場リサーチが間違っていた可能性を疑ってください。

 

 

同様に思っていたよりも大幅に安い場合も、他の業者から話を聞いてみることで適正相場の確認ができます。

 

ネットから得た相場のイメージと実際に提示された査定額の差が大きい人ほど、適正相場なのか確かめる意味で他の業者からも査定を受けてみる必要性が高いです。

 

そもそも相場確認をしなくても、最強の相場確認方法は実際に買取業者から複数の査定を取ってみることで、一括査定などで複数社の査定を取れば、その平均値が適正相場です。
すぐに車を売る予定があり、複数社からの査定を受ける手間がネックでなければ、無理に自分で相場確認をする必要はありません。

 

適切な相場情報を事前に確認できていれば、相場より高く売ってしまうリスクが低いですが、相場上限付近の高額売却をする意欲を失ってしまう懸念があります。

 

今すぐ売る予定がなければネット査定を活用するなどして相場確認してみる必要性が高いですが、高額売却を目指す場合は相場確認に労力を費やすよりも、複数社の現車査定を受けながら相場を把握していくことをおすすめします。

ページの先頭へ戻る