車を売却する時によくある失敗談リサーチしをまとめ上げました。

よくある買取失敗談

買取額に後悔する男性車を売却する際に「大きな損をした」という人も多く「売った後に気付いた」「もっと高い金額で買い取ってもらえるはずだったのに」と、後悔をしている人が後を絶ちません。

 

話を聞く中では「そんな王道な手口に引っかかったの?」という方もいますが、車の査定について無知の方が多いため、案外引っかかってしまう人ばかりなのです。

 

そこで今回当サイトでは、車の査定をする際に失敗した話をリサーチし、対処法と共にご紹介していきたいと思います。

 

失敗談

では、同じ失敗をしている人が多い話から順にご紹介致します。

 

時期を間違えて大幅に損をした

まず、車を売却するのに時期が関係していることをご存知でしょうか?

 

もしも使っていない車を売りたい、今すぐでなくても良いという人は1~3月、9~10月に売ることをオススメします。

なぜ1~3月、9~10月が良いかというと、就職や進学といった車を購入する人が多くなる時期であるからです。

需要が高まればその分供給率もアップします。
そのため、多くの会社が車の買取を希望しており、査定額が上昇しやすい時期なのです。

 

比較をせずに売ってしまった

車の営業マンすぐに売りたい!という思いが強く、一社のみで査定をしそのまま売却をしてしまったという方は、損をしている可能性が高いです。

 

もちろん選んだ会社がたまたま良かったという場合もありますが、大抵数社に査定を依頼し、比較をしてみると高く買い取ってくれる会社とそうでない会社が出てきます。そのため、一社で決定をせず、必ず比較をするようにして下さい。

 

相場価格より低い額で売ってしまった

必ず車を売る際は自分の乗っていた車の相場価格を調べるようにしましょう。
相場価格を調べずに査定へ出すと、大幅に低い金額を提示してくるような会社も中には存在します。

 

また、それを知らず鵜呑みにしてしまい後々後悔する人が多いです。
そのため、相場価格は予め調べて把握しておく必要があります。

 

 

清掃不足で査定額が下がってしまった

車を掃除する女性「車を売る際に清掃が必要ということを知らず、そのまま審査に出した場合清掃代などを考慮した値段で金額を提示されてしまった」という人が多いです。

 

もちろん大幅に値段が変わるというわけではありませんが、少しの手間で数万円の変化があるのならば、事前に準備しておきたいですよね。

 

 

営業トークにのってしまった

「本日売ってもらえれば特別価格になります」「うちしかここまでの値段で提示していません」といったありきたりな営業トークですが、案外のっかってしまう人が多く、後々違う会社で売却をした方が高かったと判明することがあります。

 

もちろん“どこよりも高い”というワードを聞くと誰しもが揺らいでしまうと思います。
しかしその場で即決をするのではなく、必ず比較をしてから決めるように注意しましょう。

 

まとめ

よくある失敗談は「自分はそんな手口に引っかからない」と思っている人ほど引っかかりやすい傾向にあります。
そのため、必ず業者を疑い、比較をしてから売る場所を決めるようにして下さい。

ページの先頭へ戻る