ローンが残って所有権留保有りの車を売却をする場合の注意点を解説いたします。

ローンが残っている車の売却

ミニカーを持つ女の子ローンが残っている車を売却する場合は、まずはじめに車検証の所有者名を確認してください。

 

車検証の所有者欄がローン会社もしくは信販会社の名義になっている状態を「所有権留保」と呼び、所有権留保の有無で売却時のルールと手続き内容が大きく変わってきます。
所有権留保あり(所有者が販売店やローン会社など、使用車以外の名義)

事前にローンを完済して所有権留保解除書類を発行してからでないと名義変更できない

 

所有権留保なし(所有者と使用者が同じ名義)

ローンを残したまま売却することが可能(車を売って月々の返済を続けられる)所有権留保なしであれば、売却時のルールは現金で買った車と同じです。

 

所有権留保有りの条件でローンが残っている車の売却をする場合は注意点が多数あります。

 

 

車業者への売却ならローン残債と買取額を精算できる

アルファベットブロック相応の規模を誇る車業者は、所有権留保ありでローン残債が残っている車であっても、残債と買取額を相殺してくれます。ローン残債が残っている車を業者へ売った場合、お金の流れは次の3パターンがあります。

  • 買取額よりローン残債の方が少ない → 「買取額-ローン残債」の差額を受け取れる
  • 買取額とローン残債が同額 → 車を引き渡してお金は受け取れない借金はチャラになる(オートローンの残債がなくなる)
  • 買取額よりローン残債の方が多い → 「ローン残債-買取額」の差額を支払い車を引き渡す

 

業者が相手なら、事前に所有権留保の解除手続きをしなくても車を売却できます。これは業者が一時的なお金の立て替えと所有権留保解除手続きの代行を行うことで成り立っているので、業者に売る場合でもローンを残して車を売却することはできません。

 

ちなみに闇金や暴力団などの非正規業者は、所有権留保のある車を名義変更せずに買取してくれるケースがありますが、これは違法行為です。

 

所有権留保を解除しないと名義変更できないので、非正規業者への売却や担保差し押さえで引き上げられると、名義が残ったままの状態で第三者に車を使われてしまいます。(こうした車は「金融流れ」と呼ばれています)

 

金融流れの車として転売されると、オービスや駐車違反などを起こされて警察から連絡が来るなど面倒なことが多いです。

 

所有権留保のある車を、解除手続きの代行つきで売却する場合は、信頼できる業者を利用するようにしましょう。

 

 

個人売買の場合はどうなるの?

水色の車個人売買の場合は、所有権留保解除手続きの代行をしてくれる人がいないので、自らローンを組んでいる金融機関に問い合わせて一括返済の申請をし、全額返済してから所有権留保解除書類を発行してもらい、購入者に名義変更する流れです。

 

「支払い→必要書類の発行→郵送」で平均2週間ほどは時間がかかります。売却代金でローンを返済しようとした場合、買い手から金銭の受け渡しと名義変更を同時に行うことは不可能なので、売主が貯金を切り崩すなどして先にローンを返してから売るか、買い手から名義変更前にお金を払ってもらう必要があります。

 

買い手による前払いの条件だと、よほど信頼している関係でないと応じてもらえないため、ネットオークションなどで買い手を見つけるのは困難です。

 

貯金を切り崩して先に返済する場合、買い手都合のキャンセルによって車を売れなくなってしまう場合があります。売主のお金で先に一括返済する場合は、万一キャンセルになっても問題が生じない資金計画を立てておきましょう。

 

いずれのパターンもローンが残っている車を個人売買で売る行為そのものがトラブルに発展しやすいです。兄弟や親戚などよほど信頼できる人への売却を除いて、ローンが残っている車は業者へ売った方が無難です。

ページの先頭へ戻る