車を高価買取してもらうために必要なコツをご紹介致します。

 

高価買取をしてもらうには

夕日と愛車中古車を売却する時に手入れの有無や、選ぶ会社によって金額の差が大きくなることがあるのはご存知でしょうか?

 

「どうせどこで売っても対して変わらないでしょ」「手入れしたところで高くならないでしょ」なんて考えている人も中にはいるかと思いますが、実は簡単な手入れや準備優良査定をしてくれる会社を選ぶことで大幅に売却した時の値段が変わってくるのです。

 

そこで、今回は高価買取をしてもらうためにしておきたい最低限のことについてご紹介致します。

 

 

チェックしておくこと

まず、査定をしてもらう会社を選ぶ前に、自分でチェックしておくことを確認していきましょう。

 

 

車の基本情報

1つ目は車の基本情報を確認しておくことです。

 

これは、どこの会社で見積もりを出すにも必要な情報となってきます。
メーカー(トヨタ・三菱・ホンダ・マツダetc)、車名、年代といった基本的な情報をメモしておきましょう。

 

 

走行距離

車のメーター次に調べるものは走行距離です。
走行距離でわかるのは“どれだけ使用して劣化しているか”といった点になります。

 

もちろん必ずしも審査に大きく影響が出るという訳ではありませんが、

普通車の場合年間の走行距離数が1万km、軽自動車の場合8,000km以下だった場合、買取額が上がる可能性が、平均値を越えている車に比べ上る可能性があります。

また、平均距離を越え、明らかに使い込んだ形跡のある車は、その他の傷や綺麗さなどで評価をカバーする必要があります。

 

 

純正オプション

車をカスタムしている人は、純正オプションがあるかどうかをしっかりとチェックしましょう。
オプションが一つでも欠けていると大きな減点へと繋がります。

 

また、逆に全て揃っていれば評価もぐんと上がること間違いなしです。

 

 

劣化の確認

座席シート最後に車の劣化を確認しておきましょう。
定期的なメンテナンスを重ねた車は心配する必要がないかもしれませんが、外装に傷や凹みがない車は査定が高くなります。

 

また、内装ですが、椅子がレザーでできている場合ひび割れが起きていないかなども確認しましょう。
レザーの劣化によるひび割れ、タバコの火による穴などはすべて減点対象となります。

 

そのため、どこが新車の時と変わっているのか、どこに傷かあるのかなど細かいところまでチェックする必要があります。

 

さらに、内部は掃除や社内にこびりついた臭いを無くすことで査定額がアップするので、清掃は必ず行うようにして下さい。

 

 

比較をする

一社で査定を行い即座に売却するのではなく、何社にも査定を依頼して一番高値で買い取ってくれるところで決定をするようにしましょう。

 

また、比較の際にはおおよその金額を把握することも大切です。
相場確認を済ませた後に、他社と比較をするようにして下さい。

 

 

 

安い金額で買い取られないためには

交渉の際に、自らの希望額を伝えないように注意してください。

 

万が一調べた額よりも高い値段で売れる可能性があった場合、高値から下がった希望の金額で買い取られてしまう可能性があります。

 

もちろん相手の会社からすればラッキーなことなので、希望額よりも高い金額で買い取られることはまずないでしょう。

 

また、査定を申し込む際には「額が良ければすぐにでも売却をする」という、意思を伝えるようにして下さい。

 

もちろん買取をしたい会社ばかりですので、売りたいという意思さえ伝われば相場を下回った査定はされないかと思います。

 

 

まとめ

パソコンと棒グラフ自動車を売却する際には事前に車の状態を確認をし、対処しておくことが大事だといえます。

 

そして1件だけではなく、なるべく多くのサイトから査定を依頼し、最も高値で買取をしてくれる会社で買い取ってもらえるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る